1. HOME
  2. イベント
  3. ライブタグ
  4. RHYTHMATRIX live at 五所川原フォレストブルー

RHYTHMATRIX live at 五所川原フォレストブルー

出演:クリヤ・マコト(pf)、安井源之新(perc)、早川哲也(b)、大槻”kalta”英宣(ds)、KOTETSU(vo)、上田裕香(vo)、クラッシャー木村(vn)、中島優紀(vn)、角谷奈緒子(vl)、伊藤ハルトシ(vc)

新譜が大好評のRHYTHMATRIX、強力なリズムセクションと圧倒的なツインボーカル、さらに華麗なストリングスカルテットを擁する「10人編成」で五所川原へ参ります!この機会を是非お見逃しなく!!
________________

日時:7月28日(日)開場17:00 開演18:00
会場:青森五所川原「フォレストブルー」(0173-34-5002
住所:〒037-0062 青森県五所川原市旭町59
料金:前売¥6000 当日¥6500(+ドリンク)
チケット問合せ:0173-34-5002

リオデジャネイロ、サンパウロ、ブラジリア、クリチバ、ジャカルタ、ニューデリー、台中…等々でスタンディングオベーションを受け興奮の渦に巻き込んだRHYTHMATRIXが、2024年、集大成となるアルバム「BRIGHTNESS」をリリース。国境もジャンルも超越したコンテンポラリーサウンドが注目を集め、専門媒体で極めて高く評価されるほか、3~6月の4か月間にわたってJAL国際線機内エンターテインメントに採用された。3月に行った東京丸の内コットンクラブは大盛況を博し、7~11月には全国20か所以上のツアーが決定!
縦横無尽にクロスオーバーし、血沸き肉躍る極上サウンドと”元気”をお届けします!

リリース情報:https://makotokuriya.com/index.php/RHYTHMATRIX/
ツアー情報:https://makotokuriya.com/index.php/2023/12/28/tour001/
7/14鹿児島キャパルボホール、8/8浜松ハァーミットドルフィン、8/9岡山Cafe SOHO、8/10徳島GOTO’sBAR、8/11姫路George Adams&Jaleo、8/12豊橋コマンサヴァ、9/6桐生ミスティ、9/7長野バックドロップ、9/8長岡クックテールくぼた ……

こんなライブです!

■アーティストプロフィール

クリヤ・マコト:ピアノ

makoto kuriya

RHYTHMATRIXの超絶クリエイティブ・アレンジを担う。高校卒業と同時に渡米し、ウェストバージニア州立大学にて言語学を学ぶ。芸術学部練習室管理人と仲良くなり、趣味のピアノで練習三昧にふけるうちにライブの誘いを受け、現地で音楽活動を開始。当時活動を共にした黒人ミュージシャンたちから、アメリカ最貧地域に根付くディープなジャズスピリットを学んだ。そのプレイが徐々に評判を呼び、ついにグラミー受賞者チャック・マンジョーネのツアーに参加。これをきっかけに数多くのジャズの巨匠たちと共演を重ねた。 帰国後にリーダー活動を開始。在米時代の友人たちと録音したアルバムをリリースして注目を集めた。以来20作を超えるリーダー作をリリースし、演奏家および作編曲家として幅広く活躍中。ジャズの枠にとどまらず、平井堅、八代亜紀などポップスの楽曲提供・プロデュース、CM音楽、映画音楽なども幅広く手掛けている。現在、BS-TBS「報道1930」、BS日テレ「今宵☆jazzyに!」の音楽を担当。「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズのピアニストの一人としても知られている。オフィシャルサイト=http://www.makotokuriya.com/
__________________

安井源之新:パーカッション

photo

RHYTHMATRIXの幾重にも重なるリズム・マトリックスを担う。ブラジル在住歴通算6年、インド在住歴3年。学生時代に渡伯し幅広いパーカッションを習得後、プロ奏者として第一線で活躍。特にブラジル音楽特有の打楽器「パンデイロ」の世界的第一人者として知られる。ブラジル在住時はフィロー・マシャードとの双頭アルバム「F to G」を現地でリリース。またインストグループ「Trio Corrente」を見出し、彼らのデビューアルバムをプロデュースした。このグループは2014年にグラミー賞を受賞し、安井の慧眼を証明した。インド滞在時には、招聘した「RHYTHMATRIX」で日印友好文化交流年イベントに出演し現地ミュージシャンと共演した。 帰国後は「FONTE」、「Triplet」などのアルバムをリリース。これまでにスティーヴ・ガット、アンソニー・ジャクソン、マルコス・スザーノなど、幅広いジャンルのアーティストと共演している。また、NHK Eテレ「みいつけた!」内の音楽コーナー「おんがくも」をプロデュース・出演中。オフィシャル・サイト=http://www.gennoshin.com/
__________________

KOTETSU:ボーカル

photo

洗足学園音楽大学ジャズコース、米国Berklee College of Musicを卒業後、首都圏を中心にプロミュージシャンとして活動を開始。ブラックミュージック全般に精通したその歌声は各方面に評価され、2011年には織田裕二主演映画”アンダルシア”、2013年には福山雅治氏主演映画”ガリレオ~真夏の方程式~”の劇中歌に採用された。またクリヤ・マコト主催アドリブコンテスト東京部門で優勝、セロニアス・モンク・インスティテュート助成によるアジア・ジャズボーカル・コンテストで3位入賞を果たした。 見事なスキャット、そしてコーラステクニックにも定評がある。テレビ収録やライブ、レコーディングに於いてメジャーアーティストのバックコーラスも数多く務めているほか、トロンボーン奏者としても多数の作品やライブに参加している。男声ジャズアカペラユニット”鱧人-HamojiN-”、Duoユニット”KOKE”、バンド”THE PIGEONZ”のメンバーとしても演奏活動を展開中。後進の指導にも力を注いでおり、母校洗足学園音楽大学にて教鞭を執っている。オフィシャルサイト=https://www.kotetsujazz.com/
__________________

上田裕香:ボーカル

photo

16才から独学でブルース、ロック、ソウルなどを歌い始め、19才で初めてサンバ楽器を手に取る。大学のジャズ研に所属し、並行してブラジル音楽に傾倒。2005年より都内ジャズクラブを中心にプロ活動を開始し、躍動感溢れる魂の叫び、哀愁を含んだ深い海のような歌声が評判を集める。2007年、一ヶ月間ブラジル、リオデジャネイロに渡りカーニバルにも参加。現地の生活や風や海を感じ、共に演奏することを通じて多くを学んだ。 2011年に初のリーダーアルバム「Agora」をAudio Fab.よりリリース。Jazz批評誌の「オーディオディスク大賞2011年度ボーカル部門」にて、日本人唯一の8位入賞。2013年に二枚目のリーダーアルバム「Dois」、2015年に初のライヴアルバム「Pianistas e mim」をリリース。雑誌「Jazz Japan」に今もっとも熱いアーティストとして紹介されるなど好評を博した。ジャンルの壁を飛び越え、自分自身の心の導くままに歌う自由な感性が魅力を放つ。
__________________

早川哲也:ベース

ガット弦の深い音色が染み入るウッドベース、腹に響く骨太なエレキベース共に秀逸なプレイヤー。1960年大阪府出身。学生時代からプロ活動をはじめ、ジャズ・アーティスト宮野弘紀(g)、秋山一将(g)などのグループに参加。その後カリオカ、アコースティッククラブ、中西俊博、赤木りえ等のグループに参加し、その確かなテクニックとアーティスティックな音楽性で売れっ子サイドメンとなる。 またEPO、森川美穂、加藤登紀子、岩崎ひろみ、秋元順子などポップアーティストのバックアップを務めたり、人気舞台「アラカルト」に参加するなど多方面で活躍中。現在は上記に加え、coba、木住野佳子、サラ・オレイン、熊谷和徳、akikoなどのアルバム、ツアーに参加しており、クリヤ・マコトとのレコーディング、共演も多数。
__________________

大槻カルタ英宣:ドラム

大槻"kalta"英宣

3歳から電子オルガン、7歳からクラシックピアノ、10歳からドラムを始める。学生時代からプロドラマーとして活動を開始し、20代には作編曲家・プロデューサーとしても活動を開始。ゲーム音楽、CM、企業PV、J-POPの作編曲・作詞などを手掛けてきた。2002年、「島谷ひとみ/亜麻色の髪の乙女」の編曲者として日本レコード大賞・金賞を受賞。並行して「田中信正(pf)/KARTELL」、「金子雄太(org)/AQUAPIT」、「TKY」などのメンバーとして演奏活動を展開。数多くのアーティストと共演し、ドラマーとして制作・参加してきたCD等作品数は100タイトル以上におよぶ。近年は自己のグループ「VERTICAL-ENGINE」、オルガン奏者河合代介とのユニットでも幅広く活躍している。オフィシャルサイト=http://www.kaltek-musik-engine.com/
__________________

クラッシャー木村vn、中島優紀vn、角谷奈緒子ca、伊藤ハルトシvc:ストリングス

スタジオシーンで引っ張りだこのクラッシャー木村率いるストリングス・カルテット。リーダーの木村は4才よりヴァイオリンを始め、東京藝術大学へ進学し卒業。在学中よりレコーディング、ライブ活動をスタートした。またポニーキャニオンから、ユニット「芍薬」のメンバーとしてアルバムデビューを果たした。2017年2月1日、Crusher Kimuraとして待望の1stアルバムをリリース。現在は、ジャズクラブでライブ活動も行い、ジャンルにとらわれない柔軟性のあるスタイルで幅広く活動している。クラッシャー木村ストリングスとしては広瀬香美、JUJU、森山良子、上田正樹など数多くの

EVENT

クリヤ・マコト お薦めライブ | ライブタグ